通販運営のための法律勉強

通販運営の勉強をする

必要な知識

通販運営には特定商品取引法

通販運営をしようと思ったらまず特定商品取引法を勉強する必要があります。この法律は訪問販売等での消費者トラブルに対して運営するものが守るべきリールやクーリングオフ等の消費者を守るルールを定めた法律だからです。これにより事業者による違法や悪質な勧誘等を防止し、消費者の利益を守るのが狙いです。通販の事業者は個人であっても要件を満たしていれば、特定商品取引法が当てはまりますので注意が必要です。オークションの売る側もこれに該当しますので、違反をすれば、行政処分及び罰則の対象となってしまうのでこの法律を勉強しておく必要があります。

運営するために絶対必要な知識

通販を取り扱う会社を運営する人は特定商品取引法について勉強する必要があります。通称特商法と呼ばれるこの法律は訪問販売や通信販売等の一般に消費者トラブルが起こりやすい取引を対象に事業者と消費者がそれぞれ守るべきルールを定めています。従って事業者は正にこの法律で規制される立場になります。この法律に違反をすると業務停止命令をはじめとした行政処分を受けることとなり、会社の評判や信頼性がガタ落ちになったり商売がストップするなど経営上の死活問題となります。知らなかったでは済まされない重要なことですので事業開始の前に必ず勉強しなければなりません。

↑PAGE TOP